歯医者の費用はどのくらい掛かる?2種類の費用を解説

歯医者に掛かる費用を確認

歯医者で治療を受ける際に気になるのは、費用です。虫歯の治療を受ける際でも、症状が悪化していて費用が高くなってしまったり、思っていたより費用が掛からなかったりすることがあります。そういった不安を軽減するために、費用の基礎を知っておきましょう。また、治療前に知っておくべきマナーもあるので、早く治療を終えるためにもきちんと守るようにしていきましょう。

歯医者でやってはいけないこと

  • 無断キャンセル
  • 歯を磨かずに来院
  • 口紅を付けたまま
  • 治療中に顔を動かす

歯医者の費用はどのくらい掛かる?2種類の費用を解説

治療

保険診療と自由診療の違い

保険診療は、保険が適用するため患者の治療費の負担を0~3割に抑えることができます。また、どこの歯医者でも費用が変わらないため、費用を気にせずに、川崎市で歯医者を選ぶことができます。しかし、保険を利用するため治療に制限があり、最低限の治療歯科受けることがでないのが特徴です。一方自由診療は、保険が適用外のため、治療費全てを患者が負担しなければなりません。また、歯医者によって費用が異なるので、注意が必要です。自由診療は見た目の綺麗さを求める審美歯科の治療でよく利用されます。

歯

初診費用はどのくらい掛かるの?

保険診療の場合は、初診700円、再診料140円が患者の負担額になります。歯医者の初診の費用は国で定められているので、変わりはありませんが、症状が重くなるにつれ、費用が高くなります。松戸で虫歯の治療をした場合でも、初期の症状なら、2000円程度で抑えることができますが、神経が死んでしまっている症状までくると、保険治療でも1万~3万円程掛かってしまうので、早めの治療が大切です。

費用の確認ポイント

自由診療の場合には、費用が高額になってしまいます。そのため、費用が高いと感じた時には、明細書を貰って確認するようにしましょう。明細書で確認するポイントは「項目」「点数」の2つです。自分の受けた治療に該当しているか確認しましょう。また、料金を相場価格と比較することも大切です。

広告募集中