歯医者に行く前に準備するもの

  • お金
  • 保険証
  • ハンカチ
  • 歯ブラシ
  • マスク
  • お薬手帳
  • 欠けてしまった歯や詰め物(持っている場合)
  • 入れ歯(持っている場合)

矯正歯科で歯を整える!歯医者の4つの種類とは?

口元

歯並びを整える矯正歯科

矯正歯科は、歯並びだけではなく、噛み合わせを改善することができます。矯正装置を利用して、顎の骨の中で悪い位置にある歯を動かしたり、顎を良い方向に動かす方法です。噛み合わせを改善することによって、咀嚼機能を取り戻すことができるので、口内だけでなく体全体の健康に繋がります。また、最近では様々な方法で矯正をすることができます。一般的な金属ブランケットから、最近人気のマウスピース矯正など、自分の予算や希望に合わせて治療を受けることができます。

歯の見た目を綺麗にする審美歯科

審美治療は、一般的な治療の延長上にあります。そのため、歯が健康な状態じゃなければ、治療を受けることができません。また、見た目を美しくする治療が多いため、ほとんどの治療が保険適用外の自由診療になるため、治療費が高くついてしまいます。しかし、黄ばんだ歯を白くしたり、失ってしまった歯を特殊義歯によって審美回復することが可能です。歯で第一印象を大きく変えてしまうので、綺麗で健康な歯を手に入れることができる、横浜の審美歯科はオススメです。

歯の予防を行う予防歯科

今までは、虫歯や歯周病になってしまった部分の治療を行なっていました。しかし最近では、治療だけではなく予防をする専門科があります。予防歯科では、定期的に口内のチェックとクリーニングを行います。そうすることで、口内トラブルに強い歯になります。万が一虫歯ができてしまっても、早期発見で見つけることができるので、治療費などの負担を抑えることができます。予防歯科では、自宅ケアの方法や、食生活の指導も行なっているので、病院外でもしっかりケアを行うことができます。

永久歯が生え揃うまでの小児歯科

乳歯が生え始める生後6ヶ月頃から、永久歯が生え揃う13歳までの子供が対象です。小児歯科では、治療や予防以外にも、歯並びや噛み合わせが良くなるように、指導を行います。綺麗で健康な歯を作るためには、乳歯が生え始めるころからの、ケアが大切になります。特に3~6歳の子供は虫歯が増えるので注意が必要です。虫歯知らずの強い歯を手に入れるためには、小さな内から定期的にせんげん台の歯医者に通うことが大切です。

[PR]
せんげん台の歯科がお勧め
痛みのない治療が嬉しい★

自分の治療に合った医院へ行こう!

症状によって専門科が異なるため、自分の症状をしっかり確認する必要があります。最近では医療の進歩により、安価で高性能の治療を受けることができます。しかし、歯医者選びを失敗してしまうと、適切な治療を受けることができず、費用も手間も掛かってしまいます。歯医者選びを成功させるためには、賢い歯医者選びが大切になります。

良い歯医者を選ぶポイントとは?

治療の説明

治療の説明は、基本中の基本なので、良い歯医者を選ぶポイントになります。歯医者で治療を受けるだけではなく、予防も大切なので、しっかり原因を突き止め、対策をする必要があります。同じ口内トラブルを起こさないために、症状の原因・治療方法・対策方法を説明する歯医者を選びましょう。

複数の治療の提案

歯医者には、虫歯の症状だけでも様々な治療方法があるので、患者の希望に合わせた施術をする必要があります。多くある施術の中から、患者に合った施術を医者が複数提示し、患者自信に選んでもらうというスタイルが最も良い方法です。しかし、その際にも、一つひとつの施術の説明を丁寧にしてくれる歯医者を選ぶ必要があります。

治療に掛ける時間

歯医者には、自由診療の場合には時間を掛け、保険診療の場合には、治療をできるだけ早く終わらせるという医師が多くいます。しかし、歯医者の治療には、時間を適度な時間があるので、早すぎても遅すぎてもいけません。そのため、保険診療や自由診療に関係なく、しっかり時間を取り治療を行う歯医者を見つけましょう。治療時間の目安は20~60分程度です。

歯医者の設備

高性能で最新の設備を利用している歯医者なら「腕が良い」という訳ではありませんが、設備の充実度も大切なポイントになります。高度な治療をする場合には、それなりの設備が必要になりますし、最新の設備を利用することで、治療の質が上がる可能性もあります。しかし、ただ最新の設備を利用しているだけではなく、自分が受ける治療の設備がしっかり整っているのかが、大切なポイントとなります。

広告募集中